Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2008年09月20日

ガッカリ&失意の日々〜防音の難しさ♪

choco_powderRoom ココが大好きなショコラ

我が家にドイツのベヒシュタインのアップライトがお嫁入りしてそろそろ5ヶ月目に入る。

最初きつかった音色も日に日にマイルドになってきていている。とはいえ、調律は大体二ヶ月に一度ぐらいは調整しないとデリケートに狂ってしまう。響きは本当に余韻が長く、さらにきらびやかさとデリケートさを併せ持っている。

ピアノ搬入前に、隣接する上下左右のお宅の壁には全て防音を施してある。天井上部だけは防音壁の設置してから様子をみよう、ということになっていた。で、つい数日前に、それぞれの4つのお宅に騒音事情をお聞きしてみたら…

3軒はピアノの音の鳴っている時間すら気づかない、とのことで、上の階の方も全く問題ないとおっしゃったので、天井の防音施工は新たには追加せずに大丈夫となった…が…お隣の1軒にだけは相当音量大きく聞こえている事がわかった…

がぁ〜〜〜ん! そんなぁ、じゃあ5ヶ月もの間、お隣に騒音を強いた事になる…私としたことが、とんでもない失態…もう、申し訳なさでその日から胃の奥がき〜〜んっと痛い…

早々に陳謝して、早速原因を究明中。考えられるとしたら…自宅側の壁から音が回ってお隣に行っているのでは?というの以外考えられない。
あとは天井に近い所のダクトが音を拾って増幅してお隣にまで響いているのか…ピアノの置いてある書斎に隣接した部屋は浴室。これは実は、かなり怪しい気がしてきている。浴室の裏の壁なんか、きっとぺこぺこに違いないし、相当音を増幅してしまうのではないか、という疑いはかなり色濃くなってきている。

とりあえず、自宅内の他の部屋に隣接した壁も施工することとして、早速前回の施工材料業者に連絡を取り、見取り図を作成して、それらの防音壁材料をプレカットしてお送り戴くこととして今、見積もり作成依頼中。今回はさらに、気にしていなかった、家の内部に漏れる音にも注目してそれをカットするよう、扉から廊下への音も漏れないように、とか、これもお隣に隣接していないのだけれど、作り付けの戸棚、の奥の壁全面に鉛シートを貼ることも検討中。

不安はまだあって、これだけやってももし…どこからか音が漏れてお隣にご迷惑をかけるような事があった場合は…自宅ではこの美しいベヒシュタインは普通の音量では全く弾けない事になる…せっかく出会えたベヒシュタイン…こんな美しい音色を自宅で出せるなんてなんて幸せなのかと思ったのもつかの間…

まだ結果もわからない内から私は悲しくて悲しくて、珍しく母に長電話してこぼした…母は私の激しい心の動きを一番同性としても理解してくれて、かつての音大の同窓としても共感してくれたりもする。今回は本当にこたえてるなぁ…神経が参ってしまって…母はまろやかで穏やか、私はシャープでスピーディな性格、こういう時は母のまろやかさに救われることが多い。母の口癖「あんまりつひとつの方向に突き詰めないようにね。頭の回転もほどほどに。」ほんと、ほんとにそう思う…

それでも、さらに目下のところ、一番悲しいのは、今新作の執筆に追われているのに、それを大きな音では絶対に弾いたりできないこと。お隣には当分音だしを控えます。と申し伝えたし。今まで通り3キロ近く離れたグランドピアノのある実家に行けばいいじゃない、とも思うものの、やはりその往復時間はすごくロスだと感じる…ベヒシュタインを買う前はずうっとそうしてたのに…それほど今の生活は私には満足のいくものになりつつあったし、そういうロスをなくした上で、スケジュールを組んでいる今の生活環境もあるので、急に変えるのがしんどい。

目下の仕事道具が、急に使えなくなっちゃった…という悲しさもあるのね。それにそれだけではなくて、所属する音楽団体のチラシ版下デザインの締め切りも今週末。そう、ここでは私はチラシデザイナーでもあるの。そして新たに絶版だった楽譜が4冊分、再版される運びとなり、それの版下の印刷ミスを治すのもあるし…あぁ、もう仕事がてんこ盛りなのに思い通りに時間が使えない、という焦りもある。

二日間は本当に胃が痛くて食欲もなくて…全く作曲できなくなってしまった…思いのほかメンタルな部分の弱さに自分でもあきれて、でもどーする事もできず…でも九州のその業者とやり取りしている内にまた少し元気になってきている。まずはやってみなくちゃ。今から悲観することないし。

きっと神様が、今の部屋の防音をもっと完璧にして完全に音を楽しめるようにそういう機会を与えてくださったのかもしれないし。それにお隣から苦情がくる前にこちらからご意見を聞けたのもすごくタイミング的には自然だったと思うし。(申し訳なさは変わらないけど)

だめだったらそれはその時考えようっと……いつだってどうしようもない事ってなかったもん。必ず解決してきたんだし。今は少しずつそう考えている。きっと、きっと事はうまく運ぶはず。今はそう考えよう。

作品の音チェック?弱音ペダルかけっぱなしてやってみてる。できることからやってみよう、という事で。

画像は1歳ちょっとのショコラ。何故かあの狭い部屋が好きで、あそこでお昼寝してる事は多い。暖かいのかな。


posted by カオリン at 13:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ製ピアノあれこれ&防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。 ショコラちゃんの好きな部屋、実は僕も好きです。最近買ったアコースティックはいつもその部屋で弾いてます。あの部屋が一番隣人に迷惑がかからない気がして・・・。でも実際のところはわからないですよね。音漏れ対策は本当に難しいと思います。
Posted by techi at 2008年09月23日 02:34
>techiさん、
わぁ、書き込みにいらして下さったのですね、嬉しいです。今回知らずにお隣にご迷惑をかけた事が申し訳なくて三日間で胃が荒れて口内炎がいくつもできてしまいました。過去は戻れないので仕方ないのですが…
あんなにたくさん愛器をお持ちならいつも弾いていたいことでしょうね。これからもいつでも遊びにいらして下さいね。書き込み大歓迎です♪
Posted by カオリン at 2008年09月23日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。