Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2009年09月07日

遮音工事&音響設計が完成して…

reform02.jpg 格段に響きを増したBechstein ArsNova124

長かった2ヶ月。当初2週間で終わるはずの工事に予想外な事が色々と出てくるもので、結局6月末から8月のお盆明けまで完成、とは呼べなかったと言える。

今回の工事は遮音と音響設計専門の設計事務所アコースティック・エンジニアリングにお願いした。

遮音に関しては作曲家、三善晃氏のご自宅スタジオを始め、数々の物件を手がけている設計事務所だけれど、それでも何か不測の事態が起きたりはする。特に今回は日本に一台しかないヨーロッパ製アップライトピアノ、という事で音量も非常に大きかったし…マンション全体の動かしにくい状況など…それでも数々の問題を辛抱強く解決して下さる設計事務所で、アコースティック・エンジニアリングの方々にお願いして良かった…と工事が終わったときにつくづく感じた。設計士の方だけではなく現場の大工さんの手先の細やかさがこれまた素晴らしかったからである。その若い大工さんのしなやかで美しい仕事を毎日見られるのも幸せだった。その職人さんは設計事務所の自慢の職人さんでもあると…あとで聞いて納得した。素晴らしい連携プレイだったので…

真夏だったので工事中朝から晩まで狭い段ボールの中で生活をせざるを得なかった私もさすがに疲れた。しかしながら完成してみると本当に工事をして良かった…とつくづく思える仕事部屋となった。

reform01.jpg 二重防音サッシの中はグリーンギャラリーに

元から6畳しかない広さに遮音工事をするわけだからぐるりと上下左右狭くなるワケで、天井にも床にも小さなゴムが打ち付けられてそれが音の振動の伝えを止める、という構造。なので上下には部屋は浮いている感じになっている。壁は12センチ以上の厚みで重い壁材が何重にも打ち付けられている。
遮音には重さが一番だそう。その重みで音の振動が壁の奥を伝わるのを止めていくそう。床材は桜(バーチ)材。硬くて音の分散が良いとの事。スピーカーケーブルは壁に工事の時から埋め込み。部屋の中をケーブルがスパゲッティのように絡まって床にある…というのがないように、との設計士の方の配慮だった。

reform03.jpg 詳細なサイズ指定の作り付け書棚

自分にとって最も贅沢だったのは上の天井までの書棚。当初は予算を猛烈にオーバーしているのでこんなに細密できれいなものは必要ないかな、と思ったりしたものの、部屋が狭いためにやはり機能的に作らないと、物が散乱してしまう事が予想できたために決心を固めて、きちんと作っていただいた。楽譜専用の棚を作りなれている設計事務所なので、こちらの希望や本、楽譜、CDのサイズと持っている冊数の厚みを測ってお伝えした。完成してみると予想よりはるかに部屋が片付いて見える。

************************

この部屋で仕事ができるようになってからほぼ半月。
ピアノの音もスピーカーの音も驚くほど変わった!
ピアノは中低音域の音の芯がとてもしっかりしてクリアになったし、スピーカーは「こんなに良い音だったかしら?」と思えるほど生々しい音で響く。やはり音楽を職業にしているのだから、ステージやレコーディングスタジオでだけ音を追求するのではなく、日常の自分の部屋から、そういう環境であって良かったのだなぁ…と今になって思う…

普段の家具のテイストはどろ〜ん、と暗い色が好きで、ウォルナット系一辺倒だったのだけれど、この部屋だけ、床の色に合わせてすべてを明るく、白木系に変えた。机も椅子も、ピアノの上のファブリックパネルも皆北欧製に。

これから生み出される作品はこの部屋で作られる…
どんなになっていくかな…楽しみ。

アコースティック・エンジニアリングのサイト
作曲家三善晃氏のSTUDIOやインタビュー記事も読めます。



posted by カオリン at 15:05| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ヨーロッパ製ピアノあれこれ&防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと完成したのですね。
今年の夏が少し過ごし易かったのがせめてもだったかしら。

より良い環境を得られて、更なる飛躍があらんことを!
Posted by masshy85 at 2009年09月07日 21:46
竣工おめでとうございます。
HPのかわいらしい色も変えたんですね。

仕事柄ちょっと気になるんですが、換気とかどうしてるんですか?
やっぱり消音チャンバーか何か使っているんですか?まさか換気が無いなんて事ないと思うけど・・・・。
Posted by 迷い人 at 2009年09月09日 17:48
>massht85さん、
見ていただけて嬉しいです。
私にとってはこの夏は全然過ごしやすくなく、というか、軽い熱中症になっていた感があります。
で、あまりに工事中、色々と我慢したために今は座骨神経痛になってしまったんです。笑えない話ですが、やはり住みながらのリフォームっていうのは住人に相当なストレスがかかるものなのですね、初めて知りました。
まだまだ疲れが取れませんが、落ち着いたら是非いらして下さいね。
トランペットのレッスンもここでできるようになりました。快挙です。
Posted by カオリン at 2009年09月10日 21:32
>マヨさん、
さすがプロでいらっしゃる、質問の内容が専門的ですね。
実はそれ、私も施工前に気になっていたところです。実は換気は二カ所あり、それの一つはダクトの出口を変え、クロゼットの中を通して、玄関天井から換気の出口を作りました。
で、もう一つはやはりS字にくねらせて、今まで出ていたダクトのハス斜めの位置に部屋から換気をする場所が変わりました。
実は、それがために、空圧がかかり空気の流れが止まりがちになり、エアコンディショナーが効かなくなってしまったのです。
我が家はセントラルユニットでコントロールされて全部屋にダクトがいって温度を一定に保つシステムなので各部屋に冷暖房機や室外機が亡いのです。センターコントロール故に非常にそのあたりの空圧の調整が難しく、それで完成が伸びたのです。私が軽い熱中症になってしまったのもそれが大きな原因でした。消音チャンバーなるものを使ったりはしなかったと思いますが、音がまっすぐにストレートに進まないようにしているために外には全く聞こえていません。
ピアノのデザインがモダンなせいか、デンマーク製の椅子やファブリックパネルが非常に調和していて安らぎをもたらせてくれています。
Posted by カオリン at 2009年09月10日 21:39
久しぶりに遊びに来ましたが、ピアノの試弾のレポートが毎日の様に更新されていてびっくりしました。
さすがはプロですね。
ピアノの音色の違いに全く興味無い私ですが、技術者としての魂を揺さぶられ、「ふむふむ、なるほどね〜」なんて思いながら、読みふけってしまいました。
Posted by 迷い人 at 2009年09月30日 12:59
マヨさん、コメントありがとうございます。

そうなんです。
ずっとヨーロッパピアノ試弾のレポート、溜めてきていてここで一気に書いています。
ヨーロッパ製のピアノを知った日から、音楽に対する何かの意識が変わりました。それほど日本にはピアノって流通がなかったのだなぁ…と改めて。
文化面ではやはり島国を実感しますね。隣から流れてくる…というのがない…
元から比較とか検証が大好きな性格ですから。これからもどんどん色々なレポート、していきたいです。
Posted by カオリン at 2009年10月01日 10:14
気がつけば、早いもので、もう年末ですね。
ちょっと早いですが、メリークリスマス&よいお年を。
私は、年末まで仕事に追われ、年あけもかなり綱渡り的な感じで、提出期限に追われるのが目に見え、かなりブルーですが、正月くらいは思いっきり遊んでやるぞ!って思って、仕事がんばっています。
なかなか遊びには来れませんが次のブログを楽しみにしてます。
Posted by 迷い人 at 2009年12月21日 12:43
>マヨさん、
今年は闘病生活に明け暮れた一年で、戴くお仕事は嬉しかったのですが自分から積極的に仕事をしていく事ができず、ちょっとつらかったです。
治療の甲斐あってかなり快復してきています。
来年はもう少し動きのある年にしたいです。
また遊びにいらして下さいね。
いつもマヨさんには元気づけられます。
Posted by カオリン at 2009年12月23日 22:47
新年明けましておめでとう御座います。
体調の方は如何でしょうか?

私事ですが、今年は本厄なので、自分としては珍しく元旦に明治神宮へ初詣に行ってきました。なかなか若い時の様に行かなくて、落ち込む事も在りますが、めげずに頑張っています。
今年は、年甲斐もなく新しい恋を見つける為?いや、健康の為にダイエットをするつもりです。
最近、オシャレに気を使わなくなったので、一気に親父化してしまい、焦っています。
少し若返れば、何か良いこと在るかも・・・・などと、都合の良いことを想像して元気を出しています。

話は変わりますが、年末に結構仕事を頑張ったかいがあり、新年はのんびりと自分のペースで仕事をこなしても、時間に余裕がある日々を送っています。・・・・・なので、こんな時間に書き込んでいるわけです。
時間に余裕が出来ると、眠っていた悪い虫が起き出してきそうでちょっと怖いですが・・・・・良い出会いをたくさん出来るといいなって思ってます。

カオリンさんみたいに、幅広い人脈をもっている方が羨ましくもありますが、どんな出会いがあるか分からないけど、楽しい一年になると良いな。

・・・でも、辻井さんと知り合いなんて超羨ましい!

脈絡の無い話ですみません。m(_ _)m





Posted by 迷い人 at 2010年01月06日 17:23
>マヨさん、
新年のご挨拶を戴きとても嬉しいです。
厄年ですかぁ。厄年って皆さん嫌がるけれど
大掃除のすす払いみたいな灰汁落としのように
感じています。
厄年には今まで溜まった灰汁をみんな吐き出してしまってきれいに人生が続けられる…
人生のディトックス(毒出し)かな。
きっとそのあとに良い出会いが待っているのではないかしら。
幅広い人脈ですかぁ…(笑)
単に自分は人が好きなだけですからぁ…。
寂しがりなだけです。あはは。
お互いに良い年としたいですね。
またいらして下さいね。
Posted by カオリン at 2010年01月20日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。