Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2009年09月17日

ヨーロッパ製アップライトピアノ試弾レポート Bechstein Concert 8

C-8.jpg Bechstein Concert 8

Bechstein Concert 8 アップライトの枠を超えた芸術品のピアノ

ベヒシュタインのアップライトの中では最高級品にあたる、このコンサート8(エイト)はピアニストのフジコ・ヘミング氏がご自宅にお持ちになっている事でも有名になっている。

今までC-8は何台か試弾している。昨年はマホガニーのものを試弾し、今年の春にはこの上の画像の黒艶だしのものを試弾した。


マホガニーの方は私の指が比較的肉薄な為かその良さを引き出せず、やや指負けしてしまう感があり残念だったが、それはマホガニーの材質と自分の指や体格が合わなかっただけの事。この黒艶だしの方は、一瞬アタマがクラクラ〜!っとした程心をワシづかみにされてしまった感があった。それほど音が魅力的で、さらに鍵盤が吸い付くようで素晴らしい…

ベヒシュタインの素晴らしさはグランドピアノだから本物志向、アップライトだからアマチュア向き、とかいう日本のような感覚は全くなく、どちらもそれぞれ最高の響きを追求しているピアノ作りにある。

事実、私が昨年手に入れた楽器はこのシリーズのランク的には一つ下のArsNova124だった。そう、アップライトである。自宅の他にあるグランドピアノよりもずうっとこのベヒシュタインのアップライトの方が練習しがいがある。それほど意識に革命を起こさせるほど、ヨーロッパのアップライトピアノは素晴らしい、さらにベヒシュタインはそのアップライトにたくさんの種類を作っている事が良い。

このC-8の素晴らしさはやはり中低音の響きの豊かさと響きの長さにある。力強く、きらびやかで表情豊かなピアノで、まさに芸術品の域に達していると言っても過言ではないと思う。以前は470万円だったが一度値上がりし、そして最近定価450万円に下がっている。(2009年3月現在)

実はウィーンのベーゼンドルファーのアップライトが470万円の定価の頃があり、私は購入時に本当に迷ったものである…結局部屋の狭さもあり、指の感触…さまざまな点からArsNova124に落ち着いたが…

このC-8…ただただ素晴らしい楽器ではあるが、気をつけていただきたい事がある。
その一つは…
ほぼグランドピアノと遜色ない音、音量であるので、あまり狭い部屋では部屋中に音が響き、大変な事になる可能性がある。
サイズが幅154センチ、奥行き67センチ、高さが131.5センチある。この高さが弦の長さを表すわけで、これにピアノの鍵盤部を足したら、実はグランドピアノの長さが170センチ相当にもなるわけ。
当然の事だけれどこれだけの長さがあると本当に低音部分の弦は非常に重厚に鳴る。し、響きも伸びる。

さらにベヒシュタインのアップライトピアノは鍵盤の下の前面が幅広くカットされており、そこから前面に響きがこもらないよう、出てくるようになっているため、常に豊かな音が溢れて聞こえる。なので狭い部屋ではピアノの豊かな響きが生かせない事になる。

もう一つは…
楽器の材質、個体差に留意する事である。アップライトピアノは弾く人間が、ピアノの弦や響版に非常に近くなるので、そのわずかな差も非常に感じやすくなる。グランドピアノのように音が上下から回って聞こえてくるのではなく、ストレートに鳴った弦が目の前から響いてくるわけだから、そういう意味においてその個体差やムラ、などは良くチェックする事をお勧めする。他のピアノの時にも述べたように、木の材質、艶あり艶なし、などの影響を即時に反映しやすいのがアップライトピアノの特徴だから。納得ゆくまでどうか試弾をなさる事をおススメする。


このC-8を試弾した時はこの楽器に吸い込まれるような感覚になってしまい、ずうっと弾いていたい、と思ってこの楽器から去りがたかったのを思い出した。本当に素晴らしい楽器 Concert8 どこかで見かけたら一度、試弾して頂き、そのアップライトピアノの意識がひっくり返ってしまうその、驚きの感覚を体験して頂きたい…などと思ってしまう。(2009年3月ユーロピアノ関西ショールームにて試弾)


(なお、ここに掲載している価格は各ショップにより、円相場の変動により常に一定していませんのでご参考までになさってください。詳しくは各ショップにお問い合わせ下さい。)
ユーロピアノショールーム情報






posted by カオリン at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ製ピアノあれこれ&防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。