Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2010年07月11日

大学入学後、初めて伴奏をしたお相手に再会♪

tajima0710.jpg 30年振りに田島氏と

先日は元新日本フィルハーモニー首席トランペット奏者、戸部豊氏の演奏会に出掛けた。
学生時代のプロとしての音楽の仕事は全て戸部豊氏から戴いた、と言っても過言でないほどたくさんの事を教わった恩師、と思っている。まだろくに何も知らない頃から伴奏、アレンジと現場の仕事ができたのは全て戸部豊氏のお蔭で、今思うとくちばしの黄色いこんな若い子によくもまぁ、たくさんの事をさせて下さったと感激してしまうほど。戸部氏なくして今の自分の音楽人生はない、と言える。

その戸部豊氏のコンサートであるが、今回は戸部氏のお弟子さん3名がゲスト。

日本フィルハーモニー首席奏者の橋本洋氏、NHK交響楽団の佛坂咲千生氏、そして読売日本交響楽団首席奏者の田島勤氏。ピアニストは昨年に続きオペラ界で大活躍の金森敏子さん。

この日のプログラムはオーケストラに出てくるトランペットのハイライト集、と言う事で過去から現在へ、そしてヨーロッパ各地の旅、と題してたくさんのトランペットのハイライト集を聞いた。

実は戸部豊氏の伴奏者として仕事を始めるきっかけになった方がいる。
それが今回ゲストの読売日本交響楽団首席奏者の田島 勤氏である。

私が入学した頃の武蔵野音楽大学は、ちょうど金管楽器の当たり年、と言われ、
一学年上の先輩方は、皆揃って卒業後、あるいは在学中からオーケストラに入団してしまったほど、素晴らしい演奏家が輩出された時期だった。もとから武蔵野音楽大学は管楽器に優秀な人材が多いのが特徴でもあったのではあるが。

親友の紹介で、田島さんの伴奏しない?と言われたのがきっかけで
ハイドンのトランペット協奏曲の伴奏を頼まれた。自分の大学生活で初めて伴奏を務めたお相手は、そう、田島勤さんだったのだ。

田島さんの音楽に対する姿勢は非常に敬虔だけれどシビアで、私が理解できるまで絶対に許さない!というその厳しさに、彼の表現したい音楽を自分が同じように表現できない事が悔しくて、練習室を出ては良く泣いたものだった。

その田島さんの伴奏者としてレッスンに同行して戸部豊氏と出会う事となり結果、戸部氏の伴奏と編曲を務める大学生活となるのだから人の縁(えにし)は不思議な巡り合わせだと思う。

今回の演奏会でもこのゲストのお3方はすごいパワーで、まさに金管楽器奏者の円熟期を味わえた貴重な瞬間となった。

お弟子三人が並んで演奏すると橋本さんの楽器が猛烈な音圧で鳴ってきて、本当にこの人はオーケストラプレイヤーになるべくしてなったんだなぁ、学生契約という誇らしい経歴は当然だわ、と思わせる。何しろ音の密度が違う。管が鳴りきっている。若き頃の戸部氏の、鳴って鳴って仕方ないトランペット、日本人離れした音量のトランペット奏者、という個性は橋本氏が受け継いだなぁ、と素直に感じた。
そして田島さんの音色は明るく豊かでフレーズ作りが大きく、ヨーロッパのオーケストラの品の良さそのものであり、その歌い方には高雅な雰囲気が漂っていた。学生時代から変わってないなぁ…と再確認。そしてN響の佛坂さんのアンサンブルの素晴らしさ。バランスの取り方の見事さ…。お耳の良さ!こういう方がアンサンブルを最高のものに仕上げるのよね、と。

プログラム最後のムソルグスキーの「展覧会の絵」はピアノアレンジのそのままをピアニストの金森敏子さんが弾いて、戸部氏のお弟子合わせて4人のトランペットで演奏をしたが、すごい迫力で、非常に面白い企画でもあり楽しめた。特にピアニストはそれは大変で、もはや伴奏者の域を超えてしまうほどのソリストとしての演奏でもあった。

それにしても御年70歳を超えている戸部豊氏の音が、黄金期3人のお弟子と大してひけを取っていないのも驚いたりする。もちろんご本人に尋ねれば「若い頃はもっと凄かったよ!」とおっしゃるのかも知れないが。周りを見回せば、現役で演奏できる演奏家は同年代ではもはや戸部豊さんだけではないのかな、とちょっと考えたりした。ミラクル…。


自分の今の音楽生活の基礎を作って下さった田島勤氏、そしてそれを無条件で羽ばたかせて下さった戸部豊氏。そのお二人が同時にステージに乗っている日は自分にとっては記念日に思えた。もうあれから30年の月日が流れてしまったのねぇ…。自分も振り返る思い出がどんどん増えてきたなぁ…などと思いながら帰路についた。

spirithymns.jpg
戸部豊 Spirit Hymns発売中



posted by カオリン at 20:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。