Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2007年05月07日

しあわせな孤独

DVDと原作

自分のスタジオ引越しと両親の会社や母屋の引越しの
手伝いで朝から晩まで肉体労働をしているけど、
よくもまぁ、ぶっ倒れないなぁ…という感じで…
体力がついたのかもねぇ…

でも帰国してから全く自分の時間がなかったから
連休の一日だけ好きなDVDを見ることした。

007の相手の悪役として存在感を見せ付けていた
デンマークの国民的俳優、マッツ・ミケルセンの
出演している作品「しあわせな孤独」を見た。

しみじみ色々な不条理を感じてしまい、
見た後もなんとなく気持ちが晴れない…
けれど本当に深くてよい作品だと思った。

北欧映画って初めてだと思うけど、
テンポ感は邦画ととても似ているので
違和感がない。

見ていて、どうして私はこう北に位置する
ヨーロッパに惹かれるのかなぁ…と
不思議でならなかった。
「しあわせな孤独」は2002年配給のデンマーク映画。
デンマーク・アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品
ストーリーは
結婚を目前に控えた幸せなカップル、セシリとヨアヒム。
ある日、不意の事故でヨアヒムは全身不随になってしまう。
ヨアヒムは未来に絶望し、愛するセシリにさえ心を閉じてしまう。
そんな彼女の孤独な心を救ったのは、加害者の夫ニルスだった。
運命に翻弄された男女4人のしあわせと孤独についての物語。


時間の経過設定にちょっと無理はあるかもしれないけれど
観客が大人なら、その想像力で充分納得できると思う。

是非オススメしたい。
しあわせな孤独 公式サイト



posted by カオリン at 23:37| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | マッツ・ミケルセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
実は私も、ダニエル・クレイグがら
マッツの方へと興味が移り、今ではかなりのマッツファンです。(決して美男子ではないけど、クセのあるお顔ですよね。)
それでネットサーフィンして、こちらにたどり着きました。
私も「しあわせな孤独」見ました。
初めてのデンマーク映画だったのですが、
確かに日本の映画にテンポが似ていると感じました。最後の曖昧な終わり方も。
実は私は、最後がちょっと理解できなかったんです。ニルスは家族の下へ戻るのでしょうか? カオリンさんはどう思いましたか?
Posted by sachi at 2008年09月02日 21:04
sachiさん、いらっしゃいませ。
嬉しいです。マッツファンの同士がいらっしゃるなんて!
最後、それは私の予想ですがニルスは家族野本には帰らないと思います。セシリと一緒に暮らすのだと思います。セシリとヨアヒムはすでに別離してしまっているし、ニルスの奥様マリーももう夫の心が戻らないことを理解し始めているところで作品が終わるし、「僕たちはこうなる運命だったんだよね」という最後の台詞で、私はそれを確信してしまいました。
それって私の強い希望的思いこみかもしれませんが。
「アフター・ザ・ウェディング」はご覧になりました?私はこちらの作品がさらにマッツノ魅力を引き立てていて好きです。
また遊びにいらして下さいね。
Posted by カオリン at 2008年09月03日 01:16
こんばんは。
学生なのでこんな時間まで資料を作っています。ちょっと息抜き・・
>セシリと一緒に暮らすのだと思います
そうなんですか。。
私は家族の下に戻るのかなと思ったんです。でもニルスって感情を抑えて家族と暮らす性格だと思っていました。今までの幸せそうな家族の場面はなんだったんだろう。色々と余韻を残す、深い映画ですね。

アフター・ザ・ウェディングはまだ見ていないんです。別なブログで今度日本でも公開されるってありましたので、楽しみです。

そう、ウィキを見るとマッツは奥様と知り合って20年以上経って、今でもラブラブみたいですね。こういう私生活の姿も惹かれます。

また来ます!
Posted by sachi at 2008年09月03日 02:12
>sachiさん、
またおいで下さって嬉しいです♪
ニルスのあの子煩悩な感じは胸が痛くなりますよね。
私は結婚の形を19年以上していますが、あの状態にまでなると夫婦の修復は難しいのでは…と実感してしまうので、つい自分なりの最後を想像してしまいました。
ですから最後は見た方それぞれの方で自由に想像できるんじゃあないでしょうか?
After the Weddingはホノルルに出かけた際に見つけて購入してきました。海外で仕入れたDVDの為にうちではリージョンフリーのDVDプレイヤーにしています。マッツの作品はつい、保存版として買ってしまいがちです(笑)
Posted by カオリン at 2008年09月03日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。