Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2007年05月09日

ウィンドウズVISTAの評判

icon_vista.gif
Win使いの友人がPCをウィルスにやられてしまい、
初期化のついでにVISTAをインストールしたんだって。

そうしたら立ち上がりから何から何まで
もっさりと重く、どうしようもなくなったらしくて、
現在友人に頼んでまたまた初期化、でwindowsXPを
入れなおしているところ、と先日会った時に聞いた。

皆さんもご存知と思うけれど私はMACユーザーだけれど、
自宅にはオフィス用としてVAIOも使っているし、
モバイルのマックブックのブラックには同時に
Windows XPをインストールしているので、
近頃VISTAの評判が気になってはいたのだけれど、

友人のそのお話であっさり! 興味がなくなっちゃった…

マックユーザーにとってはOSがしょっちゅう変わる
事はもうマッキントッシュという会社の体質として
あきらめてはいるものの、
さらにウィンドウズまでそれでは、お財布が持たない!

重すぎるって? 良かったよかった…
しばらくXPで大丈夫よね。っていうかんじ。かな。

これって営業妨害だろうかぁ…



posted by カオリン at 12:20| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | デジタル関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。こちらの日記も読ませていただいています。

音楽する人にとってVistaは、まだまだ対象外のもののようです。MIDIインターフェイスが使えるものがなく、したがって使える音楽ソフトも無いと・・・
焦ることはなさそうですね。
Posted by 鶴ちゃん at 2007年05月11日 02:39
鶴ちゃん、いらっしゃいませ。
なんと、VISTAはDTMでもそんなですかぁ…
それではまぁ〜ったく意味がありませんものね。
それに新しいOSってバグが治るのに
また長い期間かかることだし…
個人的にはwin2000が軽くて無駄もなくて一番好きでしたが、
ブルートゥースやら何やらが繋ぎやすい事などで、
もさっと重いXPになってしまっています。
Posted by カオリン at 2007年05月11日 07:07
ご無沙汰してます。

世の中の進歩につれてOSのアップグレード(とソフトのアップグレード)はやむを得ないこと、とは思っていますがあまり頻繁にやっていると音楽をやっているのかコンピューターのお守りをしているのか(私の場合は音楽は趣味ですが)わからなくなるので、せいぜい4年に一度くらいにしたいと思っています。

現在のところ音楽がらみでVISTAにするメリットは全くないというのは鶴ちゃんのおっしゃるとおりだと思います。まずサウンド・カードの定番がきまり、FINALEとSONARが問題なく対応した、という声が聞こえてからじっくり検討かなぁ。

現在メモリを2GB積んでいますが、Garritanさんのソロ弦シリーズなども相当メモリを食うという話なので、メモリ空間が増えるのは歓迎なのですが。

一方弦楽器のソロについてはDTMでやるより演奏家にお願いして演奏していただいた方がコストパフォーマンス《も》よいのではないかという気もします。
Posted by Jun Yamamoto at 2007年05月12日 12:46
Junさん、いらっしゃいませ。
4年に一度、というのは良いですねぇ。
ソフトや機材もそういうスパンでの
入れ替えなら非常に理想的と思います。
が、現実はそれらがバラバラに
アップトゥーデイトしていくから
複雑ですね。
弦楽器は人間に勝るというのはやはり
ないと私も考えています。
スタジオ録音でも弦楽器だけは
いまだにオールデジタル音源での録音は
不可能ですからギリギリ生き延びていますね。
発音の瞬間があまりに情報量が多すぎて
結局ホンモノにはなれないのだと
考えますが。
Posted by カオリン at 2007年05月13日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。