Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2007年05月19日

約束

PSMeuge★Pierre-Stephane Meuge
帰京して初めて今日は公的な外出がなくて良い日。
でもいろいろと溜まった仕事をしているとすぐ夕方になってしまう。

今回、大阪からの帰り際に「今度は何を書くの?」と
外囿氏に尋ねられて、ふっと…珍しく次の仕事が
詰まってない事に気づいた。
こぉんな事は珍しく、というか休みがないと本当に
頭の中が痩せちゃうから恐ろしい事なのだけれどね。
ここ2年以上は何しろ休みがなくてなくて…
アレンジだと半年で何十曲も手がけられるのに、
コンテンポラリーの作曲…となると2ヶ月に一曲がやっと…
それも立て続けは無理…というのが私のペース。
少し充電したいなぁ…とつくづく…
先々月のベルギーでは充電ではなくて毎日「リトルシネマ組曲」を
書いてたからねぇ…充電できてないわけね。充実はしてたけど。

夕方になっていろいろな発送業務を終え、
帰ってきて…帰国後久しぶりに天然酵母からパンを焼く事にした。
といってもマシンにセットするだけね。でも焼き上がりに7時間かかる。
その前後は外出できない。
****************************************

時々思い出す演奏家がいる。ピエール=シュテファン・ムジュのこと。
秋吉台で私の持参したサクソフォンのソロの曲をプライベート・タイムに
初見なのにほとんどインテンポで演奏してしまってそれも
非常に魅力的に演奏して下さった…
その時に「何か新しい曲ができたら連絡が欲しい」と
メールアドレスを頂いたまま。

この時私はすっごいカルチャーショックを受けた…
サクソフォンでこんな絹のような音楽を奏でる人がいる…
現代奏法をすると音が汚くなるなる傾向がある中でまさに
私が思い描いていた演奏家…に出逢えた…
華やかでしなやかで伸びやか…無限の響きとテクニック。

彼は今、スイスのローザンヌ音楽院の教授。
でもとっても若いのよね。
あちらで教授になるのは年齢は関係ないのかも。
書きたいなぁ…サクソフォンの新曲。ムジュ氏に演奏して欲しい…

それと3管編成のオーケストラ曲。書きたいなぁ…
今回の録音は2管編成に押さえたし、コンチェルト形式だったから
オーケストレーションが全然違うのよね。書きたいなぁ…
これはやはり半年から1年みないと…書けないわねぇ…

おっと…その前にアントワープにいるYutakaさんから頼まれていた
ピアノのデュオがあるのよねぇ…今年の春「まだ急がない」とは
言って下さったけれど次回お邪魔する時には持参したいぐらいだものねぇ。
これはある程度書き進めて止まってるから再開しないと…

珍しく今は、委嘱じゃなくて自分が書きたいだけ書きたい…
という欲求が高まってきてるみたいでなかなかおもしろい…

やぁ〜っぱりどっかへ消えるしかないかなぁ…
こんな事を考えられるってことは、相当
自分が解放されてる証拠。働き過ぎはやはり
良くないってことねぇ。
一生ふら〜り、ふらりん、と暮らしたいのが私の信条。
こんな雲を見つめるような日々はどれぐらい続くかしら…ねぇ…

あぁ…ひとときのしあわせ。ベルギーにもう行きたくなっている私(笑)





posted by カオリン at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。