Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2008年04月13日

マンション生活での音について(騒音、雑音etc.)

B&W 仕事部屋のMYスピーカー

4月初めにピアノがお嫁入りしてきて一週間あまり。
それまでは突貫工事のように家中の不用品を処分し、粗大ゴミの引き取りを何度依頼した事か…その甲斐あってピアノの部屋はすごくすっきり満足のいく状態になった…が、結局たくさん処分をした家具の、その中身が処分しきれず、本やCD、バラの書類、衣類、雑貨…が、紙の手提げに入っては何個も仕事場=書斎の中にうず高く積み上げられる結果になってしまった…

で、ここ一週間はそれをリビングに一個ずつ持ってきては床にぶちまけて、整理したり処分したり…の日々。

これがねぇ、本当に時間がかかる…コツコツと続けてやっとあと5袋ぐらいに減って来た。昨日なんかは頑張っちゃって4袋分が空にできたかな、という感じ。で、そんなに張り切ると翌朝は腰痛、ひざ痛、背中痛に襲われている…

今回ピアノが入ることで騒音対策には心血を注いだ。防音ゴムマットのついたカーペット。これの施工で床は重量が45kg増している。重量が重ければ重いほど防音=遮音には効果がある。さらにピアノの下には防振のゴムマットを敷いて、木製のインシュレーターにピアノの足が収まっている。当初このインシュレーターごとゴム製にしようと思っていたが、ピアノ会社の方に止められた。ゴムのインシュレーターだと音質が変化してつぶれた感じになる、 のだそう。それは絶対にいやだぁ!!で、木製の美しいインシュレーターにした。

お隣との壁は2.5センチの厚みのグラスウール二枚の間に遮音シートを挟み込んだ5センチ厚の壁材を自分で施工した。

ピアノの後ろの窓は出窓だったのでそこから35センチ控えた内側に合わせガラスの厚み1センチ近い防音ガラスで内窓サッシを防音工事のプロにお願いした。これが一番効果的で、ピアノを弾いていても外の通路には何も聞こえない感じ。

これだけしても階下の方に尋ねると「静かにしているとわずかに聞こえる感じ」という感想を頂いた。なかなか防音は難しい。ピアノの背面は通路側だったので背面の壁に何も施工していない。ここの裏から下に漏れている可能性は大!思わぬ手抜かりだったなぁ…これは今月、来月の課題にしよう……

さて、書斎の方は実はスピーカーを床置きにしていたのだけれど、低音が非常に響くので今回を機会に、壁から吊るす事にしてみた。場所はベランダ方面の壁の上部。これなら音は外のベランダに向かっていくわけでお隣を直撃せずに済む。宙づりだから下にも振動は伝わらない。上の階の方はどうかなぁ…でもワンちゃん二匹で吠え続けているお宅だから気付かないかも…

マンションの壁ってほとんどそうなんだけれど石膏ボードなのよねぇ…これって1センチの深さあたりで釘が先に突き抜けて空洞になっているのを感じる。これが面倒で、今回はDIYに出かけてはそれらの施工のための工具と接着剤などを仕入れて我が家はちょっとしたセミプロみたいになってきている。

さて、それで壁は下地の一枚板を打ちつけ、左右からの木の部分を探してそこから補強金具で支え、そこにスピーカーを吊り下げた。このスピーカー、一個でも6キロ以上あるすごい重いものなのね…12キロ超える重量をこの手作り下地の板で支えられるかどうか…

今のところ崩れたりせずに保ってる…で、音はというと、上から音が降って来る、というだけで購入した当初よりも響きがすごく良く感じられるし、中間に浮いているので音量を絞る必要がないために、このスピーカー本来のボリューム感がいかんなく発揮できているようで、すごく楽しい。

ある方からだいぶ以前からカセットを預かっており「是非感想を…」というご依頼を頂いていたけれど、やっとこれで良い状態の音と音量で作品を聴く事が出来、早速お手紙を送ることができた。

やはりまず仕事場が整ってないとなぁ…何にもできないから…面倒でも早くこの「音を出す部屋」と「音を作る部屋」の二つを完成させてしまわねば!!!

上の画像がその宙づりにしたMYスピーカー[B&W600シリーズ DM600S3]
この部屋は入る前に和室を選んで内装を変えてもらったのだけれど結局書斎になったので床はカーペット敷き。なんだか日本びいきの外国人の部屋みたいなバランス感。で、スピーカーの下が障子、というのはなかなか風情があって気に入っている。けど、今回はスピーカーケーブルの長さがギリギリで、脇に寄せてディスプレイできず、中途半端なケーブルが障子を横切って垂れ下っているのがなぁ…いやだなぁ…いずれこれもロングサイズに取り換えねば…



ラベル:騒音トラブル
posted by カオリン at 10:51| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | ヨーロッパ製ピアノあれこれ&防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのコメントじゃないんですけど、4月20日のヒルトンの結婚式でたくさんピアノを聞かせてもらってありがとうございました。わたしもがんばってピアノをつづけて、おねえさんみたいになりたいです。またコメントします。
Posted by 真庭みずき at 2008年04月20日 22:29
防音マンション 惹かれます!
Posted by 防音対策日記 at 2008年06月06日 23:55
防音ガラスほしい!
Posted by 防音対策日記 at 2008年06月09日 20:38
防音対策日記さま。いらっしゃいませ。
防音ガラスの威力はすごいものがあります。
各社いろいろありましたが私が選んだのは大信プラスト販売(株)のプラストサッシです。
お値段が少し張りますが、官庁に専門に納められていて30年間、部品交換や樹脂に劣化がないと聞きました。
これが業者選びの決め手になりました。
防音窓になるととたんに時計の秒針がうるさくて、
スウィープ秒針のを探して新しく時計を買いました。
Posted by カオリン at 2008年06月10日 06:28
>みずきちゃんへ♪
先日は音楽を聴いてくださってありがとうございました。またどこかでお目にかかれたら嬉しいですね。
Posted by カオリン at 2008年07月15日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。