Click for 東京, 日本 Forecast
5日間のお天気は?

2015年04月26日

クリエイター交流会&Lunch@代官山に参加しました!

マルチアーティスト清水友美さんが主宰を務めるクリエイター集団Honey Cue企画のクリエイター交流会&Lunchに初めて参加しました。
Honey Cueはもう7〜8年続いているクリエイター集団だそうです。
清水友美さんは現代音楽の世界ではピアニストでいらっしゃるので私は作曲家としてすでに彼女のために2曲作品を書いています。それがご縁でしたが、最近は友美さんの世界を覗きながら色々と刺激を受けています。
本日はお昼から代官山徒歩1分の風土&カフェバー『山羊に、聞く?』でイベントがありました。
さまざま方がエントリーなさり、色々なステージをご披露下さりました。
驚いたのはミュージック・ソウというのこぎりの楽器。テレビや放送で聞いた事がありましたが目の前での演奏は初めてでした。意外に音が大きく、それはそれは美しい音色でした。演奏して下さった、おぎ原まことさんはミュージック・ソウを教えてもいらっしゃいますが調律師でもある…だから音程が非常に正確なのだと納得。お名刺に「のこぎり奏者」とありました!
さらにNYでストリートシンガーとして当時、相当収入があった!とおっしゃるロックのシンガーソングライターの谷 洋幸さん。10年ぶりにニューアルバム「SAYONARA NOSTALGIA」を出されたばかり。
そしてオオトリに業界ナンバーワン的存在の振付家の香瑠鼓(カオルコ)さん率いるアピキュピアのパフォーマーの皆さんの創作ダンス。素晴しかったです。
香瑠鼓(カオルコ)さんは、香取慎吾の「おはロック」で一躍有名になられた振付家ですが、現在は東京大学の教養学部の非常勤講師も務められている、という八面六臂ぶり。その旬なパフォーマンスを目の前の距離で観る事が出来て幸せでした。
もちろん清水友美さんとパートナーのナイスな歌とギター、ダンスも素晴しくて…
カオリンは2003年に書いたピアノデュオ「Jubilia」を友美さんと演奏しました。お客様からもお褒め頂きましたが、この作品は弾いている自分たちも結構楽しいんです。
ジュビリアは初演から12年経って、この春にCollege of New Jerseyで音楽学部の学生の卒業リサイタルに採用されました。私のファンで今は友人の和田真司さんからの委嘱で彼の結婚式に彼がご新婦と連弾するために作曲した作品なのでお祝いの気持ちとハッピーな気持ちがあふれている作品なのです。
第二部はいきなりお隣に座ったのこぎり奏者のおぎ原さんアコースティック・ロック・シンガーソングライターの谷さんピアノの私カオリンと3人でスタンド・バイ・ミーを即興セッションする事に!
その場でいきなり、リハーサル無しでのセッションでしたが本当に楽しかったです。
谷さんの声はすごい!さすがにNYでストリートで食べて行けた!というキャリアが証明されていました。さらっとのこぎりを構えて、スタンド・バイ・ミーのセッションに何気なくオブリガードを入れてしまうおぎ原さんもそれは驚きでした。素晴しいクリエイターの皆さんに出会えて本当に収穫山ほど!の一日でした。
この他さらにたくさんのクリエイターの方がエントリーされていましたが全て書ききれません。
臨場感溢れる画像をアップしてみます。
どれほど楽しかったか皆さまにも伝わると嬉しいです。
お忙しい中、いらして下さった方々には御礼申し上げます。是非また皆さま、足をお運び下さいませ。

DSCN1081.JPG ベルギー好きとしては駅前のレオニダスに立ち寄り…
DSCN1119.JPGDSCN1116.JPG
↑「山羊に、聞く?」のお食事はおいしいので有名!

DSCN1118.JPG
↑占い師の琥翔(くーと)さんがクリエイター集団Honey Cueの説明

DSCN1155.JPG DSCN1154.JPG Jubilia演奏しました!
DSCN1130.JPG DSCN1125.JPG
↑のこぎりの演奏とアイリッシュハープの演奏

DSCN1122.JPG DSCN1123.JPG
↑小さなお弟子さんとの連弾と、彼女のお父さんの「月光」熱演

DSCN1134.JPG DSCN1156.JPG
友美さんとパートナー

DSCN1153.JPG DSCN1159.JPG
香瑠鼓さんとアピキュピアのまどれーぬ、中村明日香ご両名のパフォーマンス、さらにピアニスト佐藤さんが加わりインプロビゼーション。目に障害があるとは思えない演奏で感激

DSCN1102.JPG手作りアクセサリー SOL LINDOの展示即売も

いっぺんにさまざまな形態のアートに携わるクリエイターとの交流、そしてお客さまとの一体感。本当に楽しく、おいしく、有意義でありました。

by Kaorin



posted by カオリン at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

代官山のイベントで「ジュビリア」弾きます!遊びにいらしてください!

クリエイター集団『Honey Cue』ハニーキューの主宰で
4月26日(日)12:00〜15:00 代官山風土Cafe Bar『山羊に、聞く?』に於いて
クリエイター交流会があります!
私カオリンこと鍋島佳緒里もエントリーしました!
ジュビリアをピアニストの清水友美さんと連弾します!
jubiliaは2003年にファンで友人でもある和田真司さんからの委嘱作品で、和田さんのご結婚式で奥様と初演された作品です。
12年経って今年の春にアメリカ ニュージャージーのCollege of New Jerseyの音楽学部の卒業リサイタルでなんと、このジュビリアが取り上げられアメリカ初演となりました。

今回のクリエイター交流会では楽しくゴージャスなサウンドを持つこのジュビリアがぴったりと思い、この作品でエントリーしています。

クリエイターのエントリー枠はもう閉め切りましたが一般のお客様のご来場は大歓迎です。
私は当日1曲だけの参加ですので遊びにいらして頂ければお話ができます。
今回は「慎吾ママのおはロック」で有名な振付家/香瑠鼓さんがエントリーされています!!
豪華クリエイターの響宴を是非お食事と一緒に楽しんで頂きたいです。
是非是非遊びにいらして下さい!
ご予約お待ちしております。

クリエイター交流会&Lunch

4月26日(日)12:00〜15:00
代官山 風土カフェ&バー「山羊に、聞く?」(駅徒歩30秒)
予約¥2.500 当日¥3.000(1プレートフード&ドリンク付)←お得感たっぷり(^^)
ご予約は clef-do-sol@jcom.home.ne.jp 清水友美さんまで。


★もちろんこちらのコメント欄からご連絡頂いてもOKです!
honey Cue0426.jpgクリエイター向けチラシですがイメージのご参考に (^^)

風土カフェ&バー『山羊に、聞く?』アクセス

Jubiliaはこちらで聞く事ができます。
posted by カオリン at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋島佳緒里作品の演奏会&etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

音楽好きの集まるコミュニティ・ヴィレッジ "メゾンオルテ”誕生!

祖父が始めて父が継いでいるエステート・ビジネスを弊社がサポートして数年経ちますが、
この度、JR田端と西日暮里利用可能な徒歩圏に新築物件"メゾンオルテ”が完成し募集を開始しました。
この「メゾンオルテ」は賃貸物件ですが、フル・オーダー建築の物件です。
施工は三井ホームにお願い致しました。

5年ほど前に建てた「オルテハウス」の妹分に当たります。
オルテハウスの防音フロアはプロミュージシャン用に建てました。
この物件は都内屈指と言われ、現在空き待ちの物件になってくれました。

今回完成したメゾンオルテは音楽愛好家のための楽器演奏可能物件です。
ですので防音の強力さよりもハイクオリティでゴージャス・シックな居住空間作りに重きを置いています。
ウィークデイに仕事をなさり、週末に好きな楽器を演奏する楽しみ、歓び。
外観はヨーロピアンテイストで、重厚な門は鋳物会社に特注したたった一つしかないオリジナルの門。
お部屋のタイプは1Kタイプとメゾネット+ロフトタイプの二種類。

内部はとても暮らしやすい設計で、
特にバスルームをゴージャスにした事
珪藻土パネルの数倍も優秀なエコカラットパネルを全室に採用した事
天井の高さを各階10センチ上げてある事
間接照明をたくさん使っている事
収納を作れるだけ作った事
クローゼット内にも電源を取れるようにした事(コードレス掃除機の充電などに)
ボイルのオーダーカーテンを備品としてあらかじめ設置してある事
宅配ボックスを設置した事
傘立てを買わなくても玄関に傘のためのデザインバーが作ってある事
一部を除いてほぼ全室防音二重サッシを採用している事
ロフトにも照明と電源を設置してある事
二面採光、三面採光の明るさを確保している事
夜間にはメゾンのゲートに自動で照明が点灯し、帰宅した人を灯りが誘導する事
など、注文住宅の贅沢さを賃貸で味わって頂きたい工夫が満載の物件です。
インターフォンも尋ねて来た方のすべてが画像記憶されていますので防犯上も安心です。
さらにキーレスエントリー採用。
音楽が好きなステキな方がご入居下さる事を願っています。
すでに一部屋はご入居者がいらっしゃいます。
「一度は暮らしてみたい家」がテーマのハイクオリティな物件です。
メゾンオルテをどうぞ宜しくお願い致します。

メゾンオルテ オフィシャルサイト←クリック!

maisonOLTE外観.jpg maisonOLTEbackyard.jpgMOnight01.jpg
maisonOLTEmesonette.jpg maisonOLTEloft.jpg
maisonOLTEmaisonette02.jpg curtain04.jpg
maisonOLTE1K.jpg maisonOLTE1K洗面・トイレ.jpg
bathroom1Fa.jpg kitchenKIWI.jpg
kitchen2F.jpg bathroom2F.jpg

メゾンオルテ オフィシャルサイト

inforent.jpg
posted by カオリン at 21:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メゾンオルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

Ustream 「パッサウ・ツイーツ・ブレンドpart II」にゲスト出演致しました! 25.Mar.2015

3月25日にインターネットTV「パッサウ・スイーツ・ブレンドPart II」に再びゲスト出演させて頂きました。その様子がYouTubeにアップされていますのでご紹介致します。
この番組はパッサウ・フラワースタジオ他、パッサウグループ提供による番組で、
この日のパーソナリティはマルチ・アーティストの清水友美さん。
前回の出演の際に生放送の感じを学んだので今回は手書きフリップなど、色々と準備してスタジオ入りしました。
メインは1月のインド滞在のようすをお話ししました。
今回はこの日は1月滞在時に記念にプレゼント頂いた春夏用のインドの「パンジャービ・ドレス」という民族衣装で出演しています。なかなか日本で着ている方を見るのも少ないかと思います。

そしてもう一つの話題は2月にスペインから素晴しいアーティスト4名を招聘してカンパニー・ベネが主催した「カタルーニャ=日本/映像と音楽の響宴」で初公開されました映像作品"Eros and Psyque"もオンエアされています。音楽は鍋島佳緒里が担当しました。アート作品としての映像への音楽制作で、さらにエレクトロにクスとアナログ音源とのミックスで作成した音楽をお聞き頂きます。
さらに翌日と翌々日出演予定のステージのお知らせもしており、とても盛りだくさんな内容となっております。



当日、生放送でしたので掲載するはずだっインドの画像とカタルーニャ人映像作家ジェラルド・ジル氏の画像が出なかったのでこちらに画像を掲載致します。
放送を見ながらこちらの画像をご覧頂くと具体的にインドのイメージが湧きやすいかと思います。
是非お楽しみ頂ければ嬉しいです。

Qutub_minar_Delhi.jpg クトゥブ・ミナール=デリー 
TajiMahal_Agra.jpg Taji_mahal.jpg
↑ タージマハル=アーグラ
 

07mustardm.jpg マスタードの花畑=アーグラ
Amber_Fort_Jaipur.jpg アンバー・フォート=ジャイプル

elephant_taxi_Jaipur.jpg 象のタクシー=ジャイプル
12Catalunya.jpg "Eros and Psyque"を制作した映像作家Gerard Gil氏
↑クリック!
posted by カオリン at 22:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

Ustream 「パッサウ・ツイーツ・ブレンドpart II」にゲスト出演致しました 4.Feb.2015

2月4日にインターネットTV 「パッサウ・スイーツブレンドpart II」にゲスト出演しました
その様子がYouTubeにアップされていますのでご紹介致します。
この番組はパッサウ・フラワースタジオ他、パッサウグループ提供による番組で、
この日のパーソナリティはマルチ・アーティストの清水友美さん。
1時間の番組の前半30分ぐらいに出演させて頂きました。インド滞在時に出演依頼を頂き、何も準備しないままスタジオ入りしました。生放送は初めての出演だったのですがとても和やかな番組で普段の音楽に対する自分の思い、等もお話しできました。
昨年11月に初演した鍋島作品ピアノ連弾"Love Beatles!"の映像も流れます。
演奏は清水友美さんと私鍋島佳緒里です。

途中音声の切り替えにトラブルが起こりかなり長く音が途切れますが生放送なのでご容赦下さい。続けてみて頂くと最後のコーナーにも登場しています。
作曲家としての生活の一面を少しでもご覧頂けたら、と思います。
この日は1月滞在時に記念にプレゼント頂いた冬用のインドのドレスで出演しています。そちらもお楽しみ下さい。


★放送中にヒルトン東京ベイにて拙作オーケストラ作品が館内放送されている旨お話ししていますが、現在は放送されていないので訂正させて頂きます。

番組オーナーから頂いた収録の際の画像をこちらにアップします。

passau0204a.jpg passau0204c.jpg
passau0204b.jpg passau0204e.jpg 生放送中のショット
↑クリック!
posted by カオリン at 10:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋島佳緒里作品の演奏会&etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

「夢見るカメレオン」カワイ出版から発売されました!

毎年開催される24人の作曲家による自作・自演のピアノコンサート「こどもたちへ」
第30回が渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールにて開催されました。
そして同時にカワイ出版から楽譜が発売になりました。
「夢見るカメレオン」が今年の鍋島作品
連弾をご一緒下さったのは小学生のピアニスト、大西透子さん。緊張する事なく落ち着いてとても音楽的に演奏して下さいました。
透子さんのお母さまがたくさんの画像と動画を撮影して下さったので、リハーサルの様子をYouTubeにアップできました。
本番と同じぐらいステキな演奏になっています。是非ご覧下さい。
「カメレオンはいつも夢を見ています。違う夢を見るたびに背中の色がくるくる変わるのです。」
という作品です。くるくる色の変わる感じを音楽から感じて頂けたら嬉しいです。



たくさん画像も写して頂いたのでそれらもこちらにアップ致します

IMG_3184m.jpg IMG_3183m.jpg リハーサルの様子
IMG_3182m.jpg IMG_3181m.jpg
withToko02.jpg withToko.jpg
↑クリック

たくさんの方にお運び頂きました。ご来場下さった方に心から感謝申し上げます。
こちらでお買い求め頂けます↓



posted by カオリン at 09:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋島佳緒里作品の演奏会&etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

「こどもたちへ」出版記念演奏会のお知らせ

先日お知らせしたピアノ曲集「こどもたちへ」の出版記念演奏会ですが、
その日に発売される楽譜が仕上がりましたのでこちらもお知らせします。
kodomotachi_e2015KAWAIs.jpg 「こどもたちへ」カワイ出版
↑クリック

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
24人の作曲家によるピアノ小品集
こどもたちへ メッセージ2015 
どうぶつ編 2
カワイ出版 1.836円

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カワイ出版ON LINEで購入できます

今年書いた作品は連弾で「夢見るカメレオン」という曲名です。
1ページ目はこんな感じ↓
Chameleon,the Dreamer.jpg 夢見るカメレオンの楽譜
↑クリック

カワイ出版ON LINEで購入できます

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
◆そして出版記念演奏会はこちら↓

kodomotachi_e2015.jpg 「こどもたちへ」チラシ


3月26日(水)18:30開演
第30回【こどもたちへ】
渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
(渋谷駅徒歩5分)
一般3.000円(前売り 2.500円)
中学生以下1.500円(前売り 1.000円)
全自由席

渋谷区文化総合センターアクセス


一緒にピアノの連弾演奏をして下さるのは小学生の大西透子さん。
前回のリハーサルでは怪我をされていましたが今日は眼帯が取れて、
可愛いお顔を見せて下さいました。演奏ではとても透明感のある音色で表現して下さいます。
kodomotachi_eTohko.jpg 2回目のリハーサルショット
↑クリック
たくさんの方のご来場をお待ちしております!

お申し込みは下のコメント欄からお受けします。

又はa-tfactory.jpgまでお申し込み下さいませ。
(迷惑メール防止のために画像となっております。手打ちでタイプをお願い致します)

★プログラムの順番などのお問い合わせも下のコメント欄からどうぞ。
認証式なのでプライバシーが守られます。その場合は非公開希望とお書き下さい。



【夢見るカメレオン 作曲:鍋島佳緒里】
【Chameleon the dreamer for Piano duo composed by Kaori Nabeshima】
ラベル:こどもたちへ
posted by カオリン at 18:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋島佳緒里作品の演奏会&etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

「夢見るカメレオン」ピアノ連弾作品が初演されます!

kodomotachi_e2015.jpg 「こどもたちへ」のチラシ
↑クリック

毎年カワイ出版から発売されるこども用のピアノ曲集「こどもたちへ」今回の曲集にも鍋島佳緒里作品が入っています。そして発売記念演奏会が行われます。28人の作曲家による28曲の新曲がご披露されます。今回は30回記念のスペシャルコーナーがあり、ヴァイオリン+ピアノの選りすぐった新作も4作品お聞き頂けます。
司会はいつも優しい雰囲気でお馴染みの朝岡聡さんです。


3月26日(水)18:30開演
第30回【こどもたちへ】
渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
(渋谷駅徒歩5分)
一般3.000円(前売り 2.500円)
中学生以下1.500円(前売り 1.000円)
全自由席

渋谷区文化総合センターアクセス

今回の鍋島佳緒里の新作は
「夢見るカメレオン」
ピアノ連弾作品です。
カメレオンは夢を見て目が覚めるたびに体の色がどんどん変わって行きます。
そんな様子をピアノ・デュオで表現しました。
この作品にはピアノデュオの他にマリンバ・バージョンがあり、こちらは先に昨年お披露目していますが大変好評でした。ピアノ・デュオ版が最初に完成した作品なのでこのオリジナル版のピアノ・デュオの初演はきっと皆さんに喜んで頂けると思います。セカンドピアノは私、鍋島佳緒里が担当致します。

お申し込みはこちらのメッセージ欄からお受けします。
又はa-tfactory.jpgまでお申し込み下さいませ。
(迷惑メール防止のために画像となっております。手打ちでタイプをお願い致します)

今回ご一緒に連弾して下さる小さなピアニストをご紹介します。
大西透子さんです。とても感性のある小学生のお嬢さん.
理解のスピードが早くたくさんの色を表現して下さっています。
少し前に目に怪我をなさったそうですが26日当日までには眼帯も取れてその可愛いお顔でステージに立って下さいます。
是非カオリンとのデュオもお楽しみに!
kodomotachi_e01.jpg 第一回目のリハーサルショット
↑ クリック(ご本人とご家族に許可を戴いて画像アップしております)

プログラムの順番などのご質問もコメント欄から受け付けております。
★承認式なのでこちらで承認されるまでは公開されません。
非公開希望の方はその旨おっしゃって頂ければ個別にご連絡致します。

【夢見るカメレオン 作曲:鍋島佳緒里】
【Chameleon the dreamer for Piano duo composed by Kaori Nabeshima】

posted by カオリン at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋島佳緒里作品の演奏会&etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

Splash Danceが再演されました

hapimaki01.jpg ハッピー・マッキー・SAXカルテットのメンバーと
↑画像クリックで大きくなります。

渋谷道玄坂にあるアクタス・ノナカ アンナホールにて2月14日(土)にハッピー・マッキー・SAXカルテットのヴァレンタインデー・コンサートが開催されました。通称「ハピマキ」と呼ばれているこのサックス・カルテットですがこちらでずいぶん前に書いた"スプラッシュダンス”がハピマキの皆さんによって再演されました。
"スプラッシュ・ダンス"の初演は須川展也さん率いるスペシャル編成のサックスカルテットによって行われました。福島のホースピア音楽祭からの委嘱で須川展也さんが推薦して下さったのでした。

そして、ハピマキのリーダー河西麻希さんは以前にもこの"スプラッシュ・ダンス"を演奏して下さっていてまたこの作品を今回のコンサートに取り上げて下さいました。

演奏前にステージに呼ばれ、須川展也さんからの委嘱のいきさつなど、また作品が4分45秒の長さの秘密などをお話ししました。須川展也さんからの希望で出入りを含めて5分でお願いしたい、というエピソードがあったのです。この作品"スプラッシュ・ダンス"はその後、「サクソフォーン・フェスティバル」でも演奏され、またアンサンブルコンテストでも度々演奏されています。

今回も「ハピマキ」の皆さんの演奏はスタイリッシュで聞いていてこちらも楽しかったです。
”スプラッシュ・ダンス”は一旦出版されたのですが、その出版会社の社長が急逝されて、その権利が宙に浮いた形となり、結局はその後楽譜の所在が分からないままになってしまって権利もうやむやになってしまったので相変わらず弊社でレンタルの形を取っていますが、近く、PDFでの有料配布、という形で、皆さんが自由に演奏できるようにしようと考えています。

楽譜の準備が整いましたらまたお知らせ致しますので、サクソフォーンプレイヤーの皆さまはプロ・アマチュアを問わず、是非お楽しみに。
それと、河西麻希さんのご協力を得て近いうちに音源もYouTubeにアップ予定ですのでそちらもお楽しみに。

ハピマキの皆さんは本当に人気で、このヴァレンタインデーのコンサートもあっという間に満員御礼となってしまい、こちらでの宣伝もできませんでした。またいずれ!

hapimaki_Feb.jpg ヴァレンタインコンサートのチラシ
↑クリック!

皆さんとても可愛くてファッショナブルでおしゃべりも楽しく、聞いているこちらが本当に楽しくなってしまうステージングです。是非また伺いたいです。
by kaorin
【Splash Dance composed by Kaori Nabeshima】

posted by カオリン at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋島佳緒里作品の演奏会&etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

カタルーニャ=日本/映像と音楽の響宴(京都・名古屋ツアー)

2月6日〜9日の日程でスペイン、カタルーニャのアーティストを招聘し、
京都・名古屋ツアーを開催しましたがそのご報告です。

2年以上の歳月をかけてカンパニー・ベネが交渉を続けやっとこの2015年2月に彼らの来日が決定しました。しかしながら直前まで助成金の承認が降りずに、皆さまにお知らせができないままで今年に入り、それも直前に助成金が滑り込みセーフとなり、来日実現、という非常にスリリングな公演になってしまいました。チラシ等も直前まで版下のまま待っていたというドラマティックな展開でした。
そして残念な事に最後まで検討した東京公演はスポンサーの問題で実現ができませんでした。
本当に残念です。

★2月6日(金)19:00〜京都芸術センター
【Los Pasos Dobles】上映
第59回サンセバスチャン国際映画まつりコンペティションでゴールデン・シェル賞(優秀作品賞)受賞の映画監督、イサキ・ラクエスタの映画鑑賞会 アフタートークがありました。
Isaki01.jpg IsakiLacuesta02.jpg
DSCN0524m.jpg DSCN0533 のコピー.JPG 小櫻秀樹氏


★7日(土)15:00〜京都芸術センター
【映像+音楽/ライヴ・パフォーマンス・カレイドスコープ】
ヨーロッパで活発に活躍しているカタルーニャの4人のアーティスト
イサキ・ラクエスタ(映画監督)
ジェラルド・ジル(映像作家・作曲家)
ダニ・エスパサ(ピアニスト・アコーディオニスト・建築家)
ダニエル・フィゴルス(エレクトロニクス作曲家)
彼らの作品に日本人作曲家が音楽製作し、彼らに演奏を託す、
そういったコラボレーションの映像公開となりました。
日本人作曲家は
鈴木治行(カンパニー・ベネ)
小櫻秀樹(カンパニー・ベネ)
池田真沙子(ゲスト)
鍋島佳緒里(ゲスト)
という構成。
eros&psyche02.JPG エロスとプシケ
(映像:ジェラルド・ジル 音楽:鍋島佳緒里 )
  
Dos cuentos.jpg 川端康成「掌の小説」から2編
(映像:イサキ・ラクエスタ 音楽:鍋島佳緒里) 

これらの映像自体は3月にスペインでの初公開後、インターネット上に公開予定です。
公開されましたら、このブログでまたお知らせを致します。

★2月9日(月)19:00〜 スタジオハル at 名古屋
【映像+音楽/ライヴ・パフォーマンス・カレイドスコープ】
名古屋公演。プログラムは京都公演と同じ。

映像作品の公開は音楽会とは違い、音響から映像機器の設定、接続、あらゆる手間が増えます。
行く先々でちょっとした小さな事で音が出ない、あるいは字幕が文字化けする、などのトラブルが出ましたがメンバーが一丸となり協力し合い必ず本公演までには全てのトラブルが解決できたのが印象的でした。

DSCN0651m.jpg  DSCN0569m.jpg 京都公演と名古屋公演
DSCN0609m.JPG ダニエル・フィゴルス氏とジェラルド・ジル氏@機材セッティング  
DSCN0581m.JPG ニューフェイス池田真沙子氏と鈴木治行氏
DSCN0618.JPG DSCN0565m.JPG
ジェラルド・ジル氏(左)とイヴァン・サンチョ氏

audience.JPG 映画鑑賞会の様子
DSCN0607m.JPG 天才的ピアニストのダニ・エスパサ氏

京都在住のカタルーニャ人のイヴァン・サンチョ氏が突然のお願いにも関わらず字幕を何日も徹夜で作って下さり、司会もお引き受け下さいました。
そのお蔭で大変充実した映像のライヴ・パフォーマンスになったのでした。

生まれて初めて企業からの依頼ではなく純粋なアート作品に音楽制作をさせて頂き、芝居音楽のキャリアはありましたが映像作品の音楽制作の奥深さに興奮し続けた日々でした。
上映会が日本でできるかどうか、最後までハラハラしていたために皆さまへのお知らせはほとんどできないに近く、特に東京のファンの皆さまには壊滅的に宣伝が出来なかったし公開も出来ませんでした。
それはとても残念でしたが今回のこの素晴しい機会はまた次へと必ず続くと信じています。
是非、また実現を祈念して、さらなる音楽制作を続けて行くつもりです。
直前のご案内にも関わらず地元京都、名古屋は元より神戸、大坂から駆けつけて下さった皆さま、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
京都公演、名古屋公演とも予想よりも遥かにたくさんの方々がおいで下さり感激で胸が一杯になりました。
今後はさらなる活動の幅を広げて参ります。
是非お楽しみに。

BENE catalunya01.jpg  ura.jpg 今回のチラシ

★画像をクリックするとそれぞれが大きいサイズになります。

posted by カオリン at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋島佳緒里作品の演奏会&etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。